過払いは何故起こった

最近では過払い金というものを耳にされた方も多くいると思いますが、皆さんは過払い金というものについてどれほどご存知でしょうか。
過払い金とは借金をされている方の中で、グレーゾーン金利というもので借金をしてきた方が払ってきた、本来払う必要のなかった筈の多すぎる金利を指して、過払い金と呼ばれているのです。
過払い金の返還手続きというのは、この払いすぎた金利を返してもらうための手続きとなります。

そもそも何故過払い金というものが発生したのでしょうか。
過払い金は利息制限法と出資法という二つの法律の間を縫って生まれてしまった借金トラブルです。
利息制限法も出資法も、どちらも借金をした際に発生する金利に法的な制限を設けるための法律です。
法的な制限がなければ金利を金融業者の好きに設定できるようになってしまい、莫大な金利で一生借金を返せないなんてことになってしまいます。
そうならないための二つの法律なのですが、利息制限法と出資法には上限金利差が生じています。
その差も重要なのですが、最も問題なのは利息制限法には違反した際の罰則がないのです。
出資法には違反した際の罰則が設けられているため、多くの業者が利息制限法を超えるが、出資法は超えないような金利で貸し付けを行っていました。
ただ、これだけでは利息制限法を超えた業者が訴えられ、多く払いすぎた金利分の返還命令が下されるだけだったのですが、ここに貸金業法というものが加わることで利息制限法を超えた金利での貸し付けが正当なものだったとされてしまうのです。

大まかな流れを説明しましたが、この利息制限法、出資法、貸金業法という三つの法律が絡まりあって生じた過払い金問題について、次のページでは各法律がどのようなものなのかを交えて詳しく説明していきます。



≪特選サイト≫
過払い金の返還手続きを弁護士に無料で相談できます ⇒ 過払い金